kokoro banner image

Category: 沖縄旅行

沖縄旅行ー最終章


By truth, 2015-03-08

黒島の行きのフェリーは竹富島行きほど数が多くありません。

私達は黒島に宿を予約していないので、夕方の便で石垣島に帰らなければなりません。

 

満喫するには一番早い便と決めていました。

 

無事にフェリーに乗り込み、いざ黒島へっ!

 

トリップアドバイザーで黒島を調べる

 

着いてみてすごいっ!

 

これが港かっ!!!と思うほど、人もいなけりゃ建物もない。

 

港ですでに自転車レンタルがあったので、ここでゲット。

自転車にはチャイルドシート付きのものがあり、シュノーケリングの荷物がある私達に1台勧めてきました。 ミーアのバックパックが前かごに入らなかったからね。

 

翌日は予約していたピナイサーラの滝ツアーです。

 

姉より西表島ではツアーに入って行動することを勧められました。

そこで事前にこのコースを予約しておいたのです。

 

ピナイサーラの滝ツアー

 

トリップアドバイザーでピナイサーラの滝ツアーを調べる

 

こうみえて変なところで人見知り&シャイな私はあまりツアー参加を好まないのですが、沖縄旅行では予定している与那国島での海底遺跡なども体験も控えているので、事前に瞑想で葛藤を解放しておきました。

 

何かを決めたり、体験を目前にすると自分の気づいていない葛藤が見つかるものです。

以前ならそれが自分の性格と思い込んでしまうこともありましたが、自分の進みたい道を決めた今、少しでも純粋な自分を取り戻したいと思い、気づいたものは小さなものでもできる限り取り除き、内面を知る機会として利用しています。

 

西表島へは利用するキャンプ場に近い、上原港を利用するつもりです。

 

久米島でのフェリーが乗れなかったこともあり、今回が初めてのフェリー利用となります。

そのため若干の緊張をもって、早めに到着しました。

 

トリップアドバイザーで石垣港離島ターミナルを調べる

 

案内表示板で目にしたのが・・・

 

「上原港行き 欠航」

 

またかよ・・・・。

 

不安な気持ちでさらに案内表示板を擬視してみると他にも西表島に向かうフェリーの案内を見つけました。

大原港行きです。

 

石垣島は八重山諸島の中でも中心となっている島に間違いがありません。

それでもメインの港付近を離れればそこは自然豊かな田舎の風景を味わうことが出来ます。

 

ココスビレッジから米原ビーチは近かったので、様子を見に行くことに。

 

ビーチの一部がキャンプ場になっています。

 

やはりここでのキャンプは噂通りワイルドなご様子で・・・。

管理している人が常駐していないので、キャンプ場に住んでいる人がメインといった感じでしょうか。

 

なんとも独特な雰囲気が。

 

私達が望むスタイルとは異なりますが、この雰囲気が好きな人もいると思いますので、ここでのキャンプに興味がある人は目で見て確認が第一かと。

 

さぁ、新たな日程にて石垣島へ出発です。

 

昨日、甥っ子を見送ったばかりの那覇空港に今度は自分たちの旅立ちに向けて再度到着。

 

なんだか変な感じ・・・・。

 

搭乗口側の売店でアイスに惹かれる。

浮かれ気分で覗いてみると塩ちんすこうアイスなるものが・・・。

 

東京ディズニーシーの塩アイスはおいしく好物なので、これだって美味しいに違いないっ!

購入してみて・・・・当たりっ!

 

やはり日本人は甘じょっぱいものはお口に合うようで・・・。

 

沖縄旅行ー波乱の予感


By truth, 2015-02-25

空港を出た後、私達はフェリー乗り場に向かいました。

翌日、フェリーにて久米島に向かう予定だったので、早めにチケットを購入し、明日の乗船までの予定を知りたかったのです。


トリップアドバイザーで久米島を調べる


フェリー乗り場に向かうとそこには奇遇にも久米島の行きのフェリーが停泊中で、気持ちは上昇っ。

 

チケット売り場にはスタッフさんが一人おり、早速翌日のチケットについて問い合わせ。

 

すると予想外の答えが・・・。

 

今日、海が大しけでフェリーは欠航とのこと、そして明日の予報も同じ。欠航が予想される。

 

車も無事、駐車し、甥っ子に引き続き、私達も水族館へ。

土曜日ということもあり、そして創業記念日ということもあり、混雑ぶりは予想通り。

 

携帯電話の恩恵を受け、簡単に甥っ子と連絡をとり、入り口で待ち合わせ。

あらっ。入り口ではまだカレンダーを配っているではありませんか。

 

私もミーアもしっかりと受け取り、甥っ子と合流。

カレンダーに興味のない、私達は何部でも欲しいという甥っ子にすぐさま渡す。

 

甥っ子は年間パスポートをすでにゲット。

元々、甥っ子は2泊3日の沖縄旅行を水族館だけのために捧げるつもりでいたので、 2日分の料金で購入できる年間パスポートは記念にもなり、購入しない理由が見当たりません。

 

さて甥っ子を迎えに学校到着後、間に合うか間に合わないか わからない電車に乗るため、急いで駅へ向かう。

 

車の中で学ランから普段着へと着替えを済ませさせ、途中までは道も空いていて、 問題がなかったのですが、駅近くになり、なんと渋滞。

 

電車出発まで後、5分。

 

初めて利用する駅、明確な駅の場所がわからないまま、 とりあえず大急ぎで駅に向かうことに。

 

近くにいた人に道を聞いて、走る、走る、走る。

どうやら駅は近いといえば近いが、まだ先といえば先の距離だったようで・・・。

 

曲がりに曲がって、信号発見。

 

沖縄旅行-旅の序章


By truth, 2015-02-12

やっと落ち着いて文書を書ける状態になりました。

実は10月に頂戴した長期休暇の間に、いつかは起きるであろうことが出来事が起き、 生活は一点、自分の時間というものをとることもままならい状態になりました。

 

今は再び長期休暇をいただき、ミーアの母国、ニュージーランドに来ております。

いつもはミーアの両親が住んでいるオークランドに直接来るのですが、今回はまず南島に寄ってから。

 

こちらの内容についても近々、書けたらと思います。

 

まずは、10月に頂戴していた長期休暇中の出来事について。

 

この時は沖縄に行っておりました。

 

Calendar

29
30
13
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール