kokoro banner image

Blog

なんだかさみしいなぁ、すごく寂しい。

 

一泊しただけなのにテヘーダを離れることがさみしくてしょうがない。

 

1335.JPG

 

車は私の思いとは別にハイキングコースに向かって進んでいきます。

 

朝焼け物語を堪能し、さぁ出発の準備です。

 

準備をしながらも気になる空模様。

やっぱり大好き、空キャンパス。

 

1329.JPG

 

朝は7時半に起床。

 

今日もハイキングの予定ですがそれだけのための早起きではありません。

外に出てみるとまだ明るくない。

 

トイレに行って、戻るとミーアはまだ布団の中。

なんだか気持ちが良さそう。

 

ミーアが寝ていればベッドに戻りたくなるのは私の性分。

特に今回はシングルベット、ミーアのほうへお邪魔してみると信じられないほどの熱い布団の中。

 

私は毛布にくるまり暖かさをキープしていたのに対し、彼は暑く毛布を脱いだ様子。

にも関わらず私よりも暖かさに恵まれた状況で寝ていたなんて。

 

夕方になり気温も下がると蚊が出てきました。

私には見分けがつかなかったけどミーアいわく蚊と蚊に似た虫とで二種類飛んでいたみたい。

 

食べ物がなくなったらスズメバチの姿はどこかに消えてしまいました。

今は数匹のずっと泣き続ける猫と蚊がいる庭。

 

そんな中、どうして外へ?

 

夕焼けの時間です。

夕日が落ちていくその姿は美景。

 

美味しい食事の後、再び外で風景を楽しみます。

 

1301.JPG

 

こんな絶景での一夜、めったに過ごせないので思う存分満喫タイム。

 

宿には私一人。

この後、6時以降のチェックインのため人がやってくるかもしれません。

 

その前に探検、探検。

 

まずはなんといってもこの景色。

 

1293.JPG

 

おばちゃんに言われ、パーキング入り口で車を止めます。

おばちゃんはどこかに消え、その後内側からゲートを開けてくれました。

 

1285.JPG

 

宿は2階建て、ゲートを開けてくれたのは2階部分で広い屋上の隣に部屋がありここが私たちが今日利用できる部屋。

 

スタッフはたまに気を使って、私たちの居場所を確認。

「一泊?」と確認され「そう」と答え、「支払いはまだです」とも伝える。と、再び「ちょっと待って。」となる。

 

そして電話する、何か宿にトラブルでもあったのかな?

 

放っておかれていることをいいことにもう少しレストラン観察をしますか。

なかなかこうやってじっくりとみられることもありません。

 

スペインらしくオリーブオイルと生ハムには事欠かないように準備されているようです。

 

1279.JPG

 

 / 78
 

Calendar

26
27
28
29
30
31
17
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール