kokoro banner image

Blog

もし短い期間での滞在ならばロープウェイ運航中止による登山延期に対応できなかったかもしれません。

 

しかしカナリア諸島まで日本から20時間以上のかけてきているんですもの。

 

短い滞在ではもったいない。

 

そう思い、約一か月ほど滞在することを決めました。

 

それでも7つの島すべて訪れると各島で忙しくなることを恐れ、また島移動の交通費を抑えるために今回は3つの島に絞り込みました。

 

テネリフェ島はその中でも計11日間と宿泊する島。

さらに登山許可証をテネリフェ到着の翌日に取得したこともあり、延長になってもまだまだ対応可能。

 

良かった。

 

外と比べてカフェの中は混雑。

残念無念、ロープウェイに乗れなかった人たちのたまり場になっているようです。

 

カフェの奥に行ってみると全面ガラス張りでそれはパノラマビュー。

 

128.JPG

 

強風ではありましたがその風景とおいしいサンドイッチに苦なく楽しい時間。

運転から解放されたというのも大きなことでしょう。

 

食後、ロープウエイに向かいます。乗り場までは急な上り坂ではありますが、息切れが始まる。

 

123.JPG

 

ナビで確認すれば後は一本道をまっすぐ進むのみ。

 

118.JPG

 

見たことのあるこの感じ。

 

道は細くなりましたが、車の数も減ったので運転がしやすくなったみたい。

 

いくつか町を通り過ぎて、家々やお店は姿を消し、森の中を通っています。

 

110.JPG

 

最初はそのクラクションが自分たちに鳴らされたものなのか違う車へのあいさつの音だったのか理解できませんでした。

 

なんせここではよくプープー鳴っていて、なんのために鳴らしているのかわからないことがよくあるからです。

 

しかし、Googleナビが示す道は急な、それは急な上り坂で先を見ればどんどん道が細くなり、それは心配になるほど。

でかめのオレンジジープ大丈夫か?と思うほどです。

 

道が細くとも相変わらずの路駐。

ミーアがゆっくりと運転していると、私、あることに気づきました。

 

路駐している車、全て私たちとは反対方面に顔を向けている。

 

「もしかしたら逆走している?」

 

車に乗れば再び緊張。

昨日の怖さが蘇り、もう体に染みついてしまったよう。

 

今日は山まで長距離、大丈夫かな。

不安はあっても、目的地に行くには運転しかありません。

 

ミーアはiPhoneのGoogleナビでテイデ山までの行き方を設定していましたが、運転始めてから気づく。

車のナビは設定していません。

 

運転中のミーアが設定できるわけもなく、私がカーナビ設定をすることに。

それもGoogleナビでの道案内をしながら。

 

初めて利用する宿のベッド。

知らない土地だと寝られないこともありますが、寝心地の良いベットに疲れた体、ぐっすりと眠ることが出来ました。

 

まだまだ時差ぼけ中か、9時には就寝したせいか、再び6時に目が覚めます。

ただマドリッドに次いで朝が明けるのが遅いため、6時はまだまだ真っ暗。

 

予定もなく早起きして、さらに外が真っ暗だと目が覚めても布団からできる気にならずダラダラしてしまい・・・時間は過ぎて7時。

 

情報量過多のこの旅、旅の記録も濃厚。

だから旅日記も1日書くのに数時間かかります。時間を無駄せずに起きて書くことにしましょう。

 

 / 56
 

Calendar

25
26
27
28
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール