kokoro banner image

最後の医者は桜を見上げて君を思う

2019-11-19
By: truth
Posted in: お勧め本

著者:二宮 敦人

 

タイトルとその表紙の絵が美しかったこともあり手にしたこの一冊。

 

その美しさと裏腹にいろんなものが心を揺さぶる。

 

しかしその心の揺さぶりは最終的にはこの表紙の美しさに繋がってるのかもしれない。

 

 

同じ病院に勤める三人の同期。

 

立場も違えば考え方も全く違う。

 

強い意志あるものを迷いが多き人は憧れるが、そこには人知れず見えない個々の思いというものがある。

 

 

つい小説のため、甘えた気持ちで読み進めてしまうもののこの本の趣旨はそこになく現実は進む。

 

命の取り扱い、それは今の世界にとって非常に大きな問題だと思う。

 

 

文章自体は非常に読みやすく、医療に関する内容も分かりやすく記載してくれている。

 

本の中に簡単に入り込んでしまう、そんな本だ。

 

 

二宮 敦人氏の本に興味が沸いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

Calendar

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
<< >>

最近の投稿




Categories




kokoro gallery





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール