kokoro banner image

口喧嘩上等

2019-07-29
By: truth
Posted in: きままな発言

記憶力は弱いが頭の回転だけは速かった。

 

内弁慶なくせして、知れた仲間内では調子に乗りやすいタイプ。

 

 

 

小学生の頃から、口喧嘩上等。

 

 

 

親から何か言われても矛盾を見つけてはつかさず攻撃。

 

「大人だからいいのっ!」

 

そんな言葉になんて絶対負けない。

 

本当、今思えば親がちょくちょく手を出してきた理由がよくわかる。

 

分かりたくないし、やっぱり出されたくないけど、そう感じてしまうほど口答えがすごかった。

 

 

 

「口から生まれた」と言われるほどそれはそれは達者で。

 

 

 

とんがったお調子者はよく「反社会的」だの「いつかは刺される」だの言われてきた。

 

 

 

 

ゲームのような感覚だったんだよね。

 

 

 

打ち負かす。

 

 

 

その爽快感。

 

 

 

小学生の頃はお達者な口が原因で友人に泣かれ、アタフタした経験も少なくない。

 

 

 

そんなところを自分の居場所にしなきゃいいのに。

 

 

言いすぎるし態度も悪い、孤独になるなんて気づきもしないでね。

 

 

 

 

 

 

しかし自分という存在を理解するようになって、自分がもしもう一人いて友達になれるかと考え始めた時から、少しずつ自分に変化を見出した。

自分がしてほしいことをしよう。

 

 

 

もともとの根からのいじめっ子なんていない。

 

 

 

自分の居場所の作り方を間違えているだけでいろんなことに気づき始めればもともと持っている優しさが顔を出す。

 

 

相手のことを思って行動する。

 

 

たまに相手のことを考えすぎてまた違った意味で自分の居場所を失ってみたり、取り戻してみたり。

 

 

一番良い安定的な場所を見つけるのは本当難しい。

 

 

取り合えず打ち負かすという自らの考えは時と共に消え失せた。

 

しかし今でもたまにそういう人たちに出会うことがある。

 

 

 

数撃、先行型。

 

 

 

びっくりする。

 

 

 

相手のことを考えない発言を軽はずみで言い、満足している姿に。

 

 

皆、横に並び平らな和を求めている。

 

 

もう私の脳に攻撃型が存在しないから言い返しも下手になった。

 

 

口喧嘩で戦えない自分はアタフタ対応する。

 

 

すぐには反応できず、後になって「あぁー、こういえばよかった」なんて後悔することもある。

 

 

 

「昔はあんなにお口が達者だったのにね~」

 

 

 

でも人を小馬鹿にして楽しむより、言い返せない自分でいい。

 

 

 

私は今、自分が気づいた空間がとても好きだから。

 

 

 

嫌な気持ちは瞑想で解放しよう。

 

 

 

そしたらいつだってまた平穏な生活が戻ってくる。

 

 

 

真実

 

 

 

 

 

 

Calendar

28
29
30
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories




kokoro gallery





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール