kokoro banner image

屋久島旅行記④-屋久島1

2017-02-18
By: truth
Posted in: 屋久島旅行

朝5時過ぎに起きる。

フェリーに乗る前に瞑想をしたかったのです。

 

ここ最近、ずっと持っている悩み。それは引っ越しです。

いろんなわけあって今年8月上旬には引っ越しをする必要があります。

気学を元に決めた日程は8月2日。

 

家探しはそれは難を要し、4月からいろいろと見て回っていましたが3か月たっても納得がいく結果を得ていません。

とりあえずいろいろと悩んだ挙句、一か所申し込みをしました。

 

しかし申し込みした後も、それが自分の最善なのか悩みが尽きずにおりました。

 

瞑想での答えは「今はわからないかもしれないが、そこが最善の場所」と再び教えてもらいますが、自分の心が納得できない状態。

そんな思いを抱えながらも、私を迎え入れてくれた鹿児島市内、これから迎え入れてもらう屋久島に感謝の意を伝えました。

 

瞑想で伝わる屋久島のイメージは南国の白浜のようで「何も無い」を感じました。

「無」とはちょっと違う感覚。

 





 

最初は迷宮的な感じでしたが、瞑想を通し、私の引っ越しに対するストレスが軽減されると、その「何も無い」エネルギーは純粋な軽いエネルギーに変わりました。

私の抱いているエネルギーが屋久島が与えてくれる純粋なエネルギーを変えてしまっていたと思いました。

 

無料の朝食を食べて8時前にフェリー乗り場に到着です。

昨日確認したチケット売り場をチケット往復分購入。

2016.08.25-27.JPG.jpg

 

乗船にあたり、確認証のようなものに自分の名前他を記入。

(船に万が一があった場合に備えて)

既に入港していたフェリーに乗り込みます。

 

2016.08.25-28.JPG.jpg

 

わぁ、大きくて綺麗。

フェリーまでは階段のためスタッフさんが代わりに荷物を運んでくれました。親切にありがとう。

 





 

中にはいると、びっくら豪華じゃないですか。

2016.08.25-29.JPG.jpg

そしてひろーいっ

 

2016.08.25-30.JPG.jpg

フェリーにしてよかった。

 

今日は本当にお天気に恵まれ、なんだかすべてが祝福してくれているみたい。

2016.08.25-31.JPG.jpg

ありがとう。行ってきます。

 





 

時間通り出発し、鹿児島本島を後にします。

2016.08.25-32.JPG.jpg

 

最初は3階の展望室で椅子に座っていましたが、私は多くの時間をデッキで過ごしていました。

2016.08.25-33.JPG.jpg

 

2.3階すべてのデッキをお散歩した後、2階の喫茶室のほうが椅子が長広いことに気づき、移動。

ミーアはちょっとお昼寝。

 

私はデッキに出て水しぶきを見ていると、なんと虹が。

2016.08.25-34.JPG.jpg

神秘的。

 





 

遠くの硫黄島には不思議な雲が。

2016.08.25-35.JPG.jpg

 

面白いものだねぇ~、と一人で関心。

 

さらに下に目を落とすとさっきには1本だった虹が今は2本に。

2016.08.25-36.JPG.jpg

写真ではほんのり薄いですが、波しぶきの中央にもう1本あるんです。

 

場所を変えていろいろ確認しましたが、どうやら私がいた場所からじゃないと2本は確認できなかった。

 

いやぁ~、歓迎されている。と一人で感動。

 

フェリーは様々な顔を私に見せてくれるのです。

 

真実

 

 





 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール