kokoro banner image

ニュージーランド滞在記2④ワインガロ①

2017-10-04
By: truth
Posted in: ニュージーランド

昔はちょっと走ればすぐに牧場だったオークランド。

 

いまでは家が立ち並び、羊や牛の姿が珍しくなりました。

 

それでも1時間も走れば、家が立ち並ぶ景色から牧草広がる緑へと風景がかわります。

 

nz2017-2-005.JPG.jpg

 

平地で視野が広がると気持ちっ。

 

それに加えて雲の白、空の青、草の緑。

全てが目に優しいんです。

 

ハンティという町を過ぎたあたり、道が分かれてミーアから質問。

 

「どっちの道にいけばいい?」とのこと。

 





 

ミランダに行くことは止め、さらに食糧調達のために訪れる予定だったハミルトンも今は行く必要がありません。

ただ南下と考えていた私は答えることが出来ません。

 

よしっ、それでは状況を改めて整理しよう。

 

ということで、とりあえず近くにガソリンスタンドとカフェの駐車場を見つけたので、そこで地図を確認。

 

ハミルトンはこの分岐点を過ぎてすぐとのこと。

このままハミルトンに向かって一夜を過ごすというのも手なのですが、ハミルトンから少し南下したカウヒワという場所に、ホットスプリングのマークがあります。

 

nz2017-2-006.JPG.jpg

 

おっと、これは諦めていた温泉にたどり着けるのかと気持ちも好調。

しかし日本とは違い、ホットスプリングのマークがイコール温泉というわけではありません。

 

そこでネットで調べてみるとやはり、海沿いの砂場を掘ると温泉が出てくれるスポットだったようで。

おっと、危なかった。

 

その後、ネットで周辺を調べてみたところワインガロという場所にホットスプリングがあるホリデーパークを見つけました。





 

まさしくミランダと同じ条件。

 

よかった、温泉の神様は私達にご褒美をくれた。

 

さらにここから19km。

 

ハミルトンを超えずしてお風呂にありつける。

よしっ、これで決定だっ。

 

向かうはワインガロ、レッツらゴーっ!

 

真実

 

 



 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール