kokoro banner image

ニュージーランド滞在記2㊳モカウ④

2017-11-16
By: truth
Posted in: ニュージーランド

朝、7時過ぎに起床。

 

恒例となった温度チェック。

 

17.6度。

 

あっ、高ーい。

寝ているときに寒さで起きることはなく、それは肌でも感じていました。

 

これが山沿いと海沿いの違いかと実感。

 

なんだかんだで昨日も喧嘩勃発。

 

本当、互いが前日からのイラつきを引き継いでいるから、互いが気を付けていてもちょっとした言葉や振る舞いで火花を感じる有り様。

 

ちゃんと朝も早く起きられたので、瞑想を楽しむ。

気持ちを落ち着かせ、今日という創造に感謝する。

 





 

瞑想中にシャワーを浴びてきたからミーアから衝撃発言。

 

シャワーからお湯が出ない・・・・

 

なんですとっ。

確かに朝の混み合う時間帯ではありますが、有料シャワーなのに、そんなことがあっていいものかと。

水に近いぬるま湯でどうにか体を洗ってきたようで、落ち込んでいる。

 

自分がシャワーを浴びる番、冷水シャワーへと諦めていたとき、ミーアからアドバイスが。

 

ミーアが利用したのはシャワー数が多く設置されているメインのシャワールーム。

しかし細長いこのパークには別の場所に小さなトレイとシャワーが設置してあるとのこと。

そこに行くことを勧められたので、確実冷水より少しの可能性に賭けて小さなシャワー室に。

 

それでも期待しすぎず向かうと、今は空室。

さぁ試してみましょう。

 

コインを入れて、お湯に標準合わせレバーを回る。

 

やった・・・・、温水だ。

 

温水が出た・・・うれしい。

 

しかしずっとお湯に当たっているわけにはありません。

有料ということはタイムリミットがあります。

 

身体を洗い、頭を洗いと始めると、小屋に人の気配が。

 





 

トイレかな?と思っていると咳払い。

それも一度ではなく何度も。

 

歯磨き?お化粧直し?頭の中はぐるぐる考え中。でも咳する声もでかくわざとらしいっ。

もしかしてこれ、早く出ろアピールかな?

 

ただ利用し始めてまだ2分もたっていないんですけど・・・。

 

シャワーも5分くらいで終了なので、どうにかこの時間は楽しませていただきたい。

 

心を強く持って、咳払いの中、温水シャワーを楽しむ。

シャワーが止まって、着替えている間にも咳払いは止まらず。

とりあえず着替えは急ぎました。

 

そうして表に出てみると水着にタオルを巻いたおばさまが「やっとかっ」と言わんばかりの目には攻撃的、しかし笑顔で私を出迎えていたのでした。

 

真実

 

 



 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール