kokoro banner image

ニュージーランド滞在記2-52ニュープリマス⑬

2017-11-30
By: truth
Posted in: ニュージーランド

車に戻りちょっぴり休憩。

2つのハイキングコースを楽しんでも時間はまだ2時過ぎ。

 

まだ何かが出来そうです。

 

町周辺にはwomadフェスティバルの案内が、何かと調べてみると音楽フェス。

う~ん、音楽フェスで盛り上がるほどの体力は持っておりません。

 

ミーアはどうやらホットスパに行きたいみたい。

 

昨日はシャワーが浴びれず、今日はたーくさん汗かいた。

 

今日は再びフリーキャンプ場を利用する予定だったのでシャワーを浴びることが出来ません。

 

ネットで調べてみると13ドルのホットスパーがここを利用してからキャンプ場に向かうことにしました。

 

nz2017-2-197.JPG.jpg

 

向かう途中に大きな広場に沢山のテント。

それも半端じゃない量。

さらにwomadフェスティバルの旗がずっと続きます。

 





 

多分、ここが音楽フェス会場かな。

 

まだ音楽は聞こえてこないので、スタートは夕方からでしょうか。

 

ナビ通りホットスパが現れました。

 

nz2017-2-198.JPG.jpg

 

しかし到着していると一軒の小さなお店兼家の大きさ。

今までもホットスパとは違い、また私達の予想とも異なっていました。

 

中に入ると何やら癒しの音楽、部屋の中央にはギリシャ風呂を感じさせる柵とちょっとした植物。

店員さんに聞いてみるとホットスパと言っても屋外ではなく室内で、1つ1つがジャグジーサイズ。

 

中を見せてもらうと部屋ごとにお風呂があり、プライベート、少人数で楽しむ癒しの空間といった感じ。

予想していたものとは違い、私は乗り気には慣れず、ミーアもしかり。

 

ここは諦めて次に向かいましょう。

 

といっても、汗を浴びた体で、フリーキャンプ場に泊まるというのも気が引ける。

その思いは私よりもミーアのほうが強く。

 

どうやら前回のホリデーパークでちゃんとした温水を浴びられなかったこともあり、心身共に温水を要求していたようで。

 

そんな時は無理せずにホリデーパークへ。

 





 

ニュープリマスのホリデーパークは値段も高め、さらに今日はフェスティバル。

夜もうるさい可能性があります。

 

周辺を探してみると隣町にホリデーパークを発見。

まずは向かってみることに。

 

nz2017-2-199.JPG.jpg

 

真実

 

 



 

 

 

Calendar

30
8
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール