kokoro banner image

ニュージーランド滞在記2-73ストラドフォード②

2017-12-22
By: truth
Posted in: ニュージーランド

さぁて素敵なホリデーパークに出会えて、夕食の時間も近づいていきました。

 

今日は何を作ろうかな?

 

なーんてこれっぽっちも思っておりません。

 

今日の夜はフィッシュアンドチップスっ!

 

食べるの大好き、食べること考えるの大好き私は昨夜から考えておりました。

 

ハミルトン、ニュープリマスでのKFC以外は全て自炊。

 

”自炊は裏切らないっ!”

 

自分で作ったほうが思った通りの味を楽しめるで自炊好きですが、旅の目標だったタラナキ山ハイキングを終えることもあり、さらに無駄遣いをせずに頑張ってきた自分へのご褒美として今日くらいはいいだろう・・・と前日から楽しみにしておりました。

 





 

18時には夕食を食べたいので、17時半に町へ出向く。

 

nz2017-2-330.JPG.jpg

 

一本大きく伸びたメイン通りにフィッシュアンドチップス店はあります。

 

nz2017-2-331.JPG.jpg

 

アジアのご夫妻が経営するご綺麗なお店。

 

☆オーダー内容

・本日の魚(本日の魚は決まって値段が安い)2つ

・帆立2つ

・牡蠣1つ

・フライドポテトガーリック味2つ

以上。

 

清算の際にお釣りがいくらがわからなかったようなので、計算も大好き私がお釣り金額を言うと笑顔で、お礼を言ってくれた。

 

とてもいい人。

 





 

何もない町、ちょっと町をぶらぶらしましたがすぐに出来上がると思っていたので、戻りお店で待機。

 

人気が高いのか町にフィッシュアンドチップスはここしかないのか、どうやら大忙し。出来上がってウキウキしてもそれは私たちのではなく他のテイクアウトのお客さんのもの。

人が出入りしては出来立てをお持ち帰りです。

 

あれぇ~、うちらのいつかな?

 

気が付くと18時を過ぎました。

もう20分以上待っているんだけど。

 

私は熱視線をキッチンに送ります。

 

ちょいちょい会計で出てくるおじさんは私の熱視線に焦り顔。

ついつい自分の注文が出来たものと思い、多分、気が付かずに私は一喜一憂していたのかもしれません。

 

やっと呼ばれた私たちの注文。

 

手渡してくれたのは奥さんらしき女性。

 

待ってましたとばかりに小走りと笑顔で品物を取りに行く。多分、気持ちが伝わったのかもしれません、

彼女も素敵な笑顔を見せてくれました。

 

出来立てフィッシュアンドチップスをパークに持って帰り、テーブルに広げる?

 

あれっ?

 

多いぞっ。

 

袋に中に入っていたのは

・魚3つ

・帆立3つ

・牡蠣1つ

・フライドポテトガーリック(袋分けされていないので多分2つ分)

 

nz2017-2-332.JPG.jpg

 

注文間違えかな?

 





 

それともサービスかな?

 

ちょと考えましたが空腹が勝ち、いただきまーす。

 

フライだけでは胃も持たれるので、冷蔵庫に入れてあったレタスを出すとなんと凍っておりました。

 

はぁ。

 

少しでも野菜を取らないととミーアに進めましたが断固として拒否。

私は少量の凍ったレタス。

 

フィッシュアンドチップスの味はまずまずで凍ったレタスはおいしくなかったです。

 

 

真実

 

 



 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール