kokoro banner image

ニュージーランド滞在記2017-2-89タウポ③

2018-01-08
By: truth
Posted in: ニュージーランド

正午も過ぎてしばらく後、トイレ周辺の短い散歩から帰ってくるとなんと今度は違うキャンパーが止まっている。

 

あっ、入れ替え制で次のキャンパーがやってきた。

っということは、周辺にいる人たちも入れ替わり、私たちが昨夜から泊っていると気づく人もいないだろうと変な自信。

 

これならいいや。

 

今、来ましたみたいな雰囲気醸し出してみましょう。

 

と言っても、あえてキャンピングカーのドアを叩いて質問してくる人はいませんが・・・。

 

さて3時半を過ぎても動けないミーア。

 

今日はお風呂に入りたかったが、こんな状態のミーアに運転させるのも悪い。

ここでもう一泊してもいいかなと思い始めてきました。

 

吐いてばかりで何も口にしていない。

これでは体調が回復するどころかエネルギーばかりが奪われていく。

 





 

とりあえず消化の良いバナナを勧めてみたところ、ちょっと食べた。

どうやらバナナは食べられるみたい。

 

さらに吐かない。

これが彼にとっても良い機会となり、少しずつバナナを口にして体力を取り戻していきました。

 

食べられるものが見つかったとりあえず良かった。

少し体力を取り戻したミーアは会話が出来る様に。

 

「今日もここでもいいよ。」

 

「いやっ、移動したい。シャワー浴びたい。」

 

そっかぁ、運転手ミーアはこんな体調でも移動したいのか。

 

その言葉を聞いて早速近くのホリデーパークを調べます。

タウポはこの地域でロトルアに次ぐ大き目の町。

 

観光客も多く、ホテルの値段も高め。

ホリデーパークも複数ありますが、ほとんどの金額が一人24ドルとお高め。

 

う~ん。

 

高いけど仕方がないのかなぁと探しているとキャンピングカー1台、二人で40ドルというのを見つけました。

それも5分くらい車で移送するだけ。

 

ただ風邪ひき二人に使われまくったティッシュは底をつき、ミーアが食べられる流動食的なものも必要。

さらに彼は私のものとは別の風邪薬を要求し、幸いにもタウポにはパッキンセイブがあるのでまずは物資調達。

 

ミーアは一緒にスーパーまで来て自分が欲しい風邪薬を選び、キャンパーに戻って一休み。

私は他の必要食材を選んで清算。

 





 

キャンパーに戻ればミーアはベットの中。

動けるか不安でしたがどうにか出発。

 

nz2017-2-405.JPG.jpg

 

天気は予報通り下り坂。

 

到着、今日のパーク。

グレートレークタウポホリデーパーク

 

nz2017-2-406.JPG.jpg

 

こじんまりとはしていましたが、キッチンもシャワーも清潔感があって綺麗。

 

直ぐに夕食の準備です。

 





 

ミーアの体を温める流動食。

好物のクリームチキンスープです。

そこにちょっと栄養になる個体食スリミを投入。

 

身体も温まりエネルギーを得たミーアは体調も少し良くなったみたい。

 

彼はここぞとばかりに仕事をしようとしましたが、今日は止めて、ゆっくりした後は再び寝させることに。

ミーア10時就寝。

 

私は従順にミーアから離れず仕えた間、嫌だというほど見たyoutube、をもう少し見て11時に就寝。

 

本もなくてネットもじゃないじゃ何もできなかった。

 

いつも以上にインターネット様様な一日でした。

 

 

真実

 

 



 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール