kokoro banner image

2017年カナリア諸島⑥機内

2018-02-10
By: truth
Posted in: カナリア諸島

機内で隣に座り、初対面でも楽しく話す人たちもいます。

 

私とミーアは別タイプ。

気を使いすぎて疲れてしまうんです。

 

もともと狭い機内、ビジネスクラスなどの広い席を夢見て我慢して乗っていることもあり、可能な限り余計な疲労は増やしたくない。

 

隣に座ったおしゃべりおじさんは私のイヤホンに気づき、不要に話しかけてくることもなく、私の時間をリスペクトしてくれました。

 

またひじ掛けもすべてを使うのではなく前の部分を使用。私は後ろの部分を使いたかったので、二人でうまく共有。

 

さらに足が触れれば避けてくれるなどとっても紳士的。

 

ただやはりどこかに話したいオーラ。

 

私はミーアと短い会話をするとすぐさま話しかけてくる。

ずっと我慢はやっぱり無理みたい。

 

エティハド航空は機内食がおいしいです。

特にお勧めはパスタ。

 





 

今回もパスタを注文。

 

010.JPG.jpg

 

アテンダントから食事を受け取り、その隙におじさまは話しかけてくる。

 

「これは何ですか?」

 

デザートと思われる、緑色のものを指さし、私に尋ねてきます。

ただ今回はメニュー表など配られておらず、渡されてすぐそれが何かを尋ねられればわかるはずもなく・・・。

 

「メニュー表もらってないからわからないけど、抹茶プリンじゃない?」というと、そのあまりにも的確な答えがさみしかったのか、しょげた笑顔で、自分の食事に目を移していました。

 

いやぁ、一体どんな答えが良かったのかとちょっと悩みますが、疲れるのも嫌なので、私も映画を見ながらの食事タイムに、気持ちを切り替えます。

 

その後、おじさんの話しかけは急激に減りました。

プリンはやはり抹茶で、今回もパスタは正解うましっ!

 

飛行機は結構揺れました。

 

もともと飛行機嫌いの旅好きだけあって、飛行機に乗っている時間は恐怖との戦い。

揺れれば恐怖はもちろん増し、今では揺れから気をそらすため、瞑想するといった状態です。

 

しかしながら今回、揺れているのに恐怖心を感じない。

 

なぜだ・・・。

 

何か悟ったか、それとも何か悪い兆しか・・・と、不安になり、いつもの状態になろうと瞑想する。

揺れるのは最初だけと教えてもらい、確かに電気が消えてしばらくすると揺れも収まりました。

 





 

朝食は私は魚。

 

011.JPG.jpg

 

和風テイストと後でわかり、後悔するも食べてみたらとても美味しかったです。

 

ミーアはチキンを注文。

 

012.JPG.jpg

 

味は悪くなかったようですが、パスタと同じテイストだったらしく残念がっていました。

 

バスに引き続き、飛行機も50分早めに乗り継ぎアブダビ国際空港に到着。

 

乗り継ぎ待ち時間が増えるのは嫌でしたが、狭い空間から早く抜け出せたのはラッキーでした。

 

 

真実

 

 



 

 

 

Share This

Calendar

29
30
31
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール