kokoro banner image

2017年カナリア諸島170ラパルマ7日目10

2018-08-02
By: truth
Posted in: カナリア諸島

さぁ予定も決まったことだし家路に就こう。

 

1041.JPG

 

素敵な体験と景色を胸にカルデラデタブリエンテに感謝。

 

実は今日がラパルマ、最後のハイキングデーでした。

明日は夕方からフェリーに乗りグランカナリアに向けて出発です。

 

すべてが新鮮だった5つのコース。

チャンスがあればまた体験したい。

 

1042.JPG

 

 

 

 

車の数が少ない山へのルートに比べ、やはり町が近づけば交通量は一気に増え、経済社会の現実へと舞い戻ります。

 

1043.JPG

 

宿に無事戻るも宿前の公共駐車場はいっぱいで、昨日見つけたちょっと離れた駐車場に停めます。

途中、すごくおいしそうな匂いが私たちの臭覚刺激。

 

ミーアがtake awayの看板も見つけて「チキンの匂い」と良い匂いの源判定。

 

チキンかぁ。

 

私が肉食として一番好むにも関わらず、カナリア諸島ではうまくありつけていない食材。

チキンに簡単にありつきたければ海外だとKFC。しかし今のところテネリフェでもラパルマでもカーネルおじさんの姿なし。

 

スーパーでは骨付きのみ購入可。

旅中は短時間簡単料理なので骨付きを買う気にはなかなか慣れず今に至っています。

 

看板の先をみたら小さな商店。

しかし覗くとそこにはパンや生野菜が並び暖かい食材やさらには調理場などの姿なし。

 

どうやって頼むのかな?と頭をかしげながら通り過ぎ宿に戻ります。

商店での食材指さし注文なしでの頼み方もわからず言葉も通じない。

 

こんな時ほどスペイン語が話せない自分を悔やむことはありません。

 

とりあえず食材ゲットに天の助けスーパーディノというアイディアがありますが、また調理済みの熱々料理はお目にかかったことがありません。

 

「昼ならあるかも。」という言葉に誘われ、向かうもやはりなし。

レストランやカフェという気分でもないし、どうしよう。

 

そこで頭の中は冷蔵庫の食材。

 

明日はフェリーで実に16時間もの移動。生物をクーラーボックス無しの車で運ぶことなんて不安極まりない。

食材と料理を結び付けて計算中・・・・。

 

結果・・・・

昼間はパスタで夜は再びになっちゃうけどマッシュドポテトと豚肉。

 

するとミーアからOKサイン。

ちなみにシャンパンも一本残っているよ。

 

共に美味しければなんでもOKな自炊好きには納得のいく結果です。

最後の夜を記念して互いにチーズケーキを1つずつ選び、デザートのみ購入。

 

 

 

 

予定通りランチはキノコ、オニオン、オリーブ、ポークナポリタン。

 

1044.JPG

 

午後は仕事、瞑想を行い、瞑想での気づきと解放に終わった時にはドキドキが止まらない状態。

固定概念の覆し、それはゆっくりと深く深く私に変革をもたらしています。

 

夜はキノコ、オリーブ、ポークにマッシュドポテト、シャンパンと共に。

 

1045.JPG

 

昨日はポークから骨を取り外し、細かく切ったこともあり簡単に火が通ったのですが、今回は骨付き、そのままだったので同じ時間ではうまく火が通らず、心配な部分を再度焼き。

 

胃腸の強いミーアは赤みがあるほうが好きらしくそのままいただく。

胃腸弱し人間は胃腸強し人間を何かと羨みます。

 

そしてお待ちかねのデザートはお互い選んだチーズケーキをいただく。

 

1046.JPG

 

うんっ、やっぱりチーズの味が濃くてうまいね。

 

明日のフェリーは16時出発。

 

最近早起きが続いたので明日はゆっくり起きて、洗濯して、昼食食べて靴と洋服見て、最後のラパルマを堪能しようっ。

 

 

真実

 

 

 

 

 

Calendar

30
8
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール