kokoro banner image

Category: 回想 幼少期

命を学ぶ


By truth, 2019-08-20

小さい頃、両親は家の屋上で野菜を育てていた。

 

 

太陽を遮るものもなく、よく育つ植物たち。

 

ネギ、ピーマン、ししとう、きゅうり、ナス、そして大好きだったいちご。

 

 

採れたてというのはやっぱり嬉しい。

 

 

真っ赤に育ったイチゴ。

 

 

「それ食べていいよ。」と言われるのはとても嬉しかった。

 

 

屋上の農園はおいしい食材を得る他にも、子供にとって別の役割を果たしてくれていた。

 

鏡よ鏡よ鏡さん


By truth, 2019-06-01

小学生になると鏡で自分の顔を見る機会が増えた。

 

意識的にはなく偶発的に。

 

トイレで手を洗ったり、友達と話していると不意に鏡の中の自分が目に入り、意識的に見てしまう。

 

保育園にいた時はトイレなんて一人か先生といっていたし、そんなこと考えた記憶もない。

 

 

通っていた保育園から同じ小学校に入学したのは私を含み二人だけだった。

 

ほとんどの子が学校近くのいくつかの幼稚園から来ていて、既に知り合いが多い状態。

男の子の友達一人しかいない私はどこか寂しかった。

 

Calendar

1
2
4
7
8
9
10
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
<< >>

最近の投稿




Categories




kokoro gallery





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール