kokoro banner image

Blog

さぁて私たちは一体どこに向かって歩いているんだろう?

 

実はミーアにはプランがありました。

友人宅の側には湖をメインとした大きな公園があり、そこに向かっているのだとか。

 

2018-NZ-travel-019.JPG

 

道を下ると大きな広場、見方によってはゴルフ場にも見えるぞ。

 

サンルームで仕事の準備をしているとセカンドリビングルームに飾ってある様々な写真に目が行く。

 

友人はザンビア出身。

 

乾いた土地の木で出来たひ弱そうな家での家族写真。

チェスをしている少年の白黒写真、これってももしかして彼かな?

 

シャワー上がりの友人がバスローブ巻いて登場したので、いろいろと聞いてみる。

彼はザンビアのチェス大会で優勝し、大学がすべて無料になったというすごい実力者。

 

写真はその時の決勝戦の写真で相手は18歳、彼は16歳。

 

友人宅に向かう前に手土産準備。

 

2018-NZ-travel-012.JPG

 

彼らはお酒をあまり飲まず、いつも手には缶コーク。

ボトルじゃないんだよね、缶。

 

予想外な1日は時経てもやっぱり予想外。

 

いつもはラッシュにぶつかればとんでもない混みようのオークランドシティまでの道。

 

2018-NZ-travel-003.JPG

 

それを避けようと早く出たまでは良かった、といっても町でなんだかんだの用事で高速道路に乗ったはほとんど3時だったけど。

それでもラッシュに合わずにシティを過ぎた。

 

複数の人間が同時に動く時、事前に打ち合わせをしていないと、うまくいかないことはよくある。

予定を組まず、気持ちで動きたいママとはよくあること。

 

ミーアのみならず、私も振り回されて喧嘩したこともある。

 

洗濯物を洗うため洗濯機へと向かえば洗濯の山。

旅行前に洗っておいてあげるかと自分とは無縁の洗濯を3回回し、干す。

 

とりあえずこれで機嫌取りとばかりに、帰宅したミーアペアレンツに洗濯物を取り込むのを忘れないように伝えておく。

 

旅して飽きないニュージーランド。

 

今年も出発、キャンピングカー長期旅。

旅を続けながら自分たちの形を見つけてきている。

 

旅と仕事の両立、これが私たちのスタイル、今年はそこにもう1つの仲間を加えよう。

今では生活の一部となっている合気道。

 

旅をしていない時はオークランドでいくつかの道場でお世話になっていますが、今回は旅を続けながら合気道も学ぶ。

幸いニュージーランド国内にも沢山の道場があり、道中、ネルソンとウェリントンの合宿に参加する予定。

 

さらにこれらの道場と知り合いが道場長を務めるケンブリッジで普通稽古もお願いしています。

 

土道の中、橋のように木々で補正された道もでてくる。

 

puketi-2018-nz-28.JPG

 

「歩きやすくていい道だね。」という私の言葉に、

 

「多分、カウリ松を育てていて、守るために橋が架かっているんだと思うよ。」

 

道は整備されておりサンダルでも歩ける雰囲気。

でも森は手つかずの原生林。

 

puketi-2018-nz-18.JPG

 

しばらくして久々のご対面。

 

 / 87
 

Calendar

28
29
30
31
25
1
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール