kokoro banner image

Blog

丹沢大山ハイキング2017-4


By truth, 2018-06-30

思っていたよりも近かった。

御本堂に向かうための階段は相変わらず急だけど、いままでの階段とは違い端に置かれている仏像がすばらしい。

 

2017.11.06-ooyama-24.JPG

 

紅葉とのコントラストが相まって一気に「これぞ、日本」な雰囲気。ジャパニーズDNAが騒ぎ出し、喜びを感じます。

 

ランチを食べ始めた時は独占の風景。

 

761.JPG

 

でもやっぱりトリップアドバイザーで二位になるほどの有名な場所。

ちらほら人に出くわす。

 

丹沢大山ハイキング2017-3


By truth, 2018-06-29

ケーブルカー乗り場を過ぎ、人はざっと減り、女坂手前からは一組の家族と私たちだけ。

 

2017.11.06-ooyama-14.JPG

 

写真を撮っている間に抜かれ、歩いている間に私たちが抜き、互いに道を譲り合い。

 

ドキドキが止まらない。

 

747.JPG

 

こんなコースだから。

 

本当にここがハイキングの最初のスポットかな?

 

Iセンターの人は駐車場があるといっていたけど、ここは3台止まればいっぱい。

バスが泊っていた場所だって数台ほどしか止められないよ。

 

外に出て、看板を確認。

 

738.JPG

 

あっ、地図に名前発見。

 

丹沢大山ハイキング2017-2


By truth, 2018-06-27

バス停に到着すると既に10人ほどの人が。

 

2017.11.06-ooyama-05.JPG

 

やはり秋の朝は寒いな、購入したばかりのコーヒーをすすって、握って暖を取ります。

 

中に入るとスタッフは一人のみ。

 

彼は他の人と話していたので終わるのを待ちながら物色。

葉巻手作り体験なるものを見つけ、ミーアが反応。

 

するとスタッフが空き、私たちの番。

 

トリップアドバイザー第2位の私たちが向かいたい先はロケ・デ・ロス・ムチャーチョス。

彼にそこについて聞いてみると「すごいいいよ。」と勧められて嬉しくなる。

 

地図を元に駐車場の場所や行き方を教えてくれました。

教えてくれた道はやっぱり「!」を通る場所。そのことを聞くと夜8時なると道が閉まるからそのことじゃないかと。

っていうことは昼なら通れるんだね。

 

私たちが進もうとしているルートは片道2.5kmで標高が高く酸素が薄いので上るスピードにもよるけど3時間ほどのコースだとか。

 

昨夜に引き続き、今日もうまく寝られない。

さらに夜に雨が降り、星への望みは完全に断たれることに。

 

うまく寝られないと体に疲れが残り、朝起きるのが大変。

本当、カナリア諸島に来てからよくあるなぁ。

 

寝ている間にも解放や学びが続いているのだろうと思う。

7時半の目覚ましを無視して、どうにか重い体を8時に起こす。

 

10時までに準備をして今日はエルジャナルを離れる日。

 

宿といい、周辺の環境と言い、さらにオーナーのマリオと言い、全てが気持ちよかった。

やっぱりこの場所が好きだ。

 

 / 68
 

Calendar

27
28
29
30
31
8
9
11
<< >>

最近の投稿




Categories





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール