Greece banner image

ギリシャ旅行いきさつ

greece2013-ikisatu-01.JPG.jpg

○ギリシャ旅行を決めたいきさつ

もともと自分とのつながりを強く感じていたギリシャ。私にとってギリシャとはアトランティスのエネルギー、過去世の自分と強く繋がる場所です。

しかしヨーロッパと言えば旅費も高く、安価に行けないイメージ。行きたいと思いながらも先延ばしにしており、ふと自分の本音に触れた時、思い切って行こうと決意しました。

 

ミーアペアレンツにも声掛けしてみたら、なんと「死ぬまでに行きたい国」の1つとのこと。話は盛り上がり一緒に訪れることに。

 

 

greece2013-ikisatu-02.JPG.jpg

○旅の目的

ミーアペアレンツも一緒の旅。皆がゆっくりできて「これぞっ、ギリシャっ」を満喫したい。

そして自分の瞑想から導かれる場所に足を運び、自分という存在の成り立ちに触れ、解放を図りたいと思っていました。そのために訪れたかったのはコリント。

他にも紀元前の歴史が多く眠るギリシャ。神殿や博物館の品々にも触れたいし、エーゲ海の島々も見てみたい。とりあえず与えられた時間、ギリシャに感化されまくりたいというのが、今回の旅の目的です。

 

トリップアドバイザーでギリシャについて調べる

 

 

 

 

greece2013-ikisatu-03.JPG.jpg

○飛行機

いろいろと探した結果、一番安く航空券をゲットできたエティハド航空に決定。初めて利用した航空会社でした。アブダビを本拠地とする国営航空会社。機内食のお勧めはベジタリアンパスタ。アルデンテでおいしかったです。ただ機内温度が寒いことも。体温調節できる服装をお勧めします。

ちなみに左の写真は乗換で利用したアブダビ国際空港。優雅できれいな空港でした。砂漠の中の空港ということもあり、温度設定は非常に低め、ご注意を。

 

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

 

アテネからサントリーニまでは船で行くこともできますが、時間短縮のために飛行機を利用。残念ながら利用した航空会社を忘れてしまったのですが、複数の会社があり、毎日数便飛んでいます。早朝は安く、昼間は高い。時間帯と値段から自分にあった便を。(私たちはもちろん早朝便。)

 

 

greece2013-ikisatu-04.JPG.jpg

○宿

いつもアジアばかり回っている私。宿を探してみるとその値段の高さにびっくり、がっくり。それでも安めの場所を探し、4人1部屋で済む場所はアパートメントなどを利用して、値段を抑えました。ゲストハウスも4人利用だとプライベートルームとして利用できることもあるので、是非探してみてください。

また友人に教えてもらったところシーズンオフの場合、メールなどで直接やりとりをすると割引してくれるケースも。サントリーニではどこも値段が高かったので、メールで交渉したところ5%割引もらうことが出来ました。

 

booking.comでギリシャ宿泊施設を探す

 

 

 

 

greece2013-ikisatu-05.JPG.jpg

○交通手段

アテネ国際空港からアテネまではバスで、迎えます。島々への移動はフェリーが一般的で、主要な島になると飛行機が飛んでいます。アテネからサントリーニは飛行機で。アテネからイドラまではフェリーで向かいました。当日、チケットが取れないこともあるので、事前予約(フェリーは前日までに)をお勧めします。

陸地内の移動にはバスも利用できるようですが、バスの本数や時間帯に縛られたくなく、また長距離移動したかったこともあり、レンタカーを利用しました。運転はミーアとミーアパパ。地元の人の運転は荒く、右側通行なのでアテネでは非常に苦戦しておりました。

 

 

ブログには旅のもっと詳しい状況を掲載しています。

ギリシャ旅行記①-いきさつ

 

 

出発・アテネ(1-2日目)(次へ)→

←(戻る)ギリシャ旅行日程表

 

 

 

 

旅行プランを立てようっ

ギリシャ旅、これ持っていこうっ!





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール