ネパール banner image

出発・カトマンズ(1-2日目)

nepal2010-06.jpg

1日目:成田 → バンコック

残念ながら飛行機詳細時間を忘れてしまいました。

成田空港→スワンナプーム国際空港 (バンコック)→トリブバン国際空港 (カトマンズ)

乗り継ぎの関係でバンコックで一泊する必要があったので、事前に空港近くのホテルを予約していました。夜10時ごろスワンナプーム国際空港に到着し、無料送迎バスにてホテルに向かいます。

 

シルバー ゴールド ガーデン

 

夜遅く、明日も朝が早かったのですぐに就寝です。以前、よくタイに行っていたこともあり、タイバーツを持って行っていました。部屋までボーイさんが荷物を運んでくれたので20バーツ渡します。その20バーツを何を間違えたのが日本で600円ほど渡してしまったと思い込んでいた私はその額の高さに寝ている間も反省。お陰でうまく眠れず、後でちゃんと換算したら60円だった事に気づき、なぜあれほどまで落ち込んだのか、そんな自分を少し恨みました。

 

booking.comでスワンナプーム国際空港周辺の宿を探す

 

 

nepal2010-07.jpg

2日目:バンコック(タイ)→カトマンズ(ネパール)

翌朝、再び空港へ。スワンナプーム国際空港はこの時初めて利用し、以前利用したバンコックの空港と比べると、明らかに美しくなっておりびっくりしました。

トリブバン国際空港(カトマンズ)到着後、入国の際に入国税を支払います。一番安く支払えるのはネパールルピーです。ネパールルビーは日本での両替が難しこともあり現地での両替を考えていた私たちは日本円しか持っていませんでした。この頃はUS$1=¥82前後だったのに、US$25の入国税は日本円では2500円。2人だから4500円にするようお願いしたのですが無理でした。

ネパールではUSドルが強く、USドルならば両替しなくとも買い物ができるので、若干のUSドルを持っておくことをお勧めします。今後のことを考えて空港で少額ルピー両替しました。

 

 

 

 

nepal2010-08.jpg

初日のホテルは友人にお願いしをしてしました。空港までホテルの人が迎えに来てくれ、送迎車に向かいます。

運転手と話していると私たちの荷物を手をかける人が。「車まで運びます。」とのこと。運転手さんも何も言わなかったので、私達は彼らもてっきりホテルの人かと思い、荷物を渡したら実は全然違う人。車に乗ると1000円を求められ困り果てるミーア。少額ルビーを渡そうとすると断られたので、「ならあげない。」と言ったら、怒りながら車のドアを閉めてどこかに行ってしまいました。最初からこれだと疲れます。

 

トリップアドバイザーでカトマンズを調べる

 

 

nepal2010-09.jpg

ホテルでは昨日到着したミーアペアレンツがお出迎え。ママは昨日オレンジを買ってすでにぼられたとか。ネパールのお国柄でしょうか。その後もお金のトラブルは続きました。

 

ポタラ ゲスト ハウス

 

市街地タメル通り内のホテルです。町にはたくさんの商店が並んでおり、非常に便利な場所ですが、部屋がかび臭い。その後、部屋を変えてもらいましたが、どうしてもかび臭さが・・・。ホテルの中庭でうろちょろしているサル発見です。

 

booking.comでカトマンズの宿を探す

 

 

nepal2010-10.jpg

ミーアペアレンツと街中を歩いていると、昨日ママがだまされたオレンジ売りのおじさんが。ママは見つけ次第、文句をぶっぱなしたのですが、相手は知らん顔で、お金も戻ってこず。今後、買い物をする際に気を付けたことは言うまでもありません。高い勉強費だった。再開のビール、夕食であっという間の一日でした。

 

トリップアドバイザーでカトマンズの宿をチェック

 

 

 

ブログには旅のもっと詳しい状況を掲載しています。

ネパール旅行記①

ネパール旅行記②

 

 

カトマンズ・ナガルコット(3-4日目)(次へ)→

←(戻る)ネパール旅行いきさつ

 

 

 

 

旅行プランを立てようっ

ネパール旅、これ持っていこうっ!

 

 





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール