ネパール banner image

チトワン・ポカラ(7日目)

nepal2010-24.jpg

7日目:チトワン→ポカラ

この日は朝から問題だらけ。まず、ホテルで出していた洗濯物が半乾きも半渇き状態で届いて呆然。もう着るものがない私たちは濡れた状態の服を着るほかありません。さらに、パパに伝えられた洗濯代は高額だったようで、パパは支払わずとりあえず私たちの元へその金額を伝えに来ました。これじゃぁいくら何でもと思い、交渉に向かいます。洗濯分として半分は支払うけど、乾いていないからその分は支払いたくないが、私達の言い分。いやっ、ここには乾燥機がないのだからこの渇きまでしかできない。洗って渡したのだから全額支払ってくださいがオーナー夫婦の言い分。ここからお互い譲らずの喧嘩。ガイドや友人が間に入るのも奥さんがネパール語で卑劣なことを言っているのか、皆離れていく始末。半分のお金を渡そうとするも依然としてお金を受け取らない奥さん。「じゃぁ、これで最後。本当にいらないの?」と旦那さんにつなげると、「ありがとう。」と言って受け取り、一件落着。はぁ、疲れた。

カトマンズの荷物運びと言い、昨日のバスキャンセル、そして洗濯物。彼らは彼らの気に入った金額受け取らないとゼロでもいいっていう信念なのかなぁと考えさせられました。

 

booking.comでチトワン宿を探す

 

 

nepal2010-25.jpgポカラ行きのバスに向かうと昨日、バスチケットを買いなおしたミーアファミリー4人分はちゃんと席があります。しかし買い直しをしなかった友人分の席がありません。彼らは支払った証明にもらったレシートには昨日の私たちの同様、出発時刻もバスの種類の記載もありません。ただ値段が書いてあるレシートだけ。やっぱりあのお店おかしかったんです。昨日、がんばってキャンセルしてもらってよかった。

ガイドさんたちがどうにか手を尽くして、彼らも同じバスに乗れることに。良かった。お金の問題はやっぱりついて回るものです。(写真はチトワンで出会った子犬たち。)

 

トリップアドバイザーでポカラを調べる

 

 

 

 

nepal2010-26.jpg

約6時間の所要時間でポカラに到着。パス亭は町の外れにあります。市内に向かうタクシーは金額を均一にしているようで、値下げをしてくれない。ただ1つのホテル用ミニバスだけが値下げ交渉に参加してくれて、シンガポール家族と一緒に乗り込みます。しかし、そのバスの割引はやはり違反だったららしく、割引を知った他のタクシー運転手たちが道を塞ぎ、動けない険悪状態。最終的に警察が出てきて、どうにか道を開けてもらい進むことに。しかし、このミニバスもお金を支払う時になると態度が一変、請求の仕方があまりにもひどかったため、もう一家族と険悪ムードに。お金の争いは本当に嫌なもので。

私達はポカラに一週間ほどの滞在を予定していましたが、ネパール人の友人は数日で帰るとのこと。ここでお別れをしました。

(写真はペワ湖からの町の景色)

 

 

nepal2010-27.jpg

ミーア両親に荷物を預け、カフェで待ってもらっている間にミーアと宿探しです。ポカラのメイン通りはライブバーが多く夜になるとうるさいので、ちょっと奥まった場所でホテルを探します。そこで見つけた1つのホテル。値段交渉はオーナー直々に行ってくれ、非常に誠実な姿に対応してくれ、値段と庭が広く清潔な外見と部屋が気に入り、ここでの利用を決定しました。

 

Greenland Hotel

 

ポカラは大きな町なのでスーパーがあります。ビールをゲットして、疲れを癒し、前半戦急ぎに急いだ日々に別れを告げ、ゆったりポカラタイムが始まるのです。

 

booking.comでポカラ宿チェック

 

 

ブログには旅のもっと詳しい状況を掲載しています。

ネパール旅行記④-ポカラ

 

 

ポカラ(11-13日目) (次へ)→

←(戻る)チトワン・ポカラ(7日目)

 

 

 

 

旅行プランを立てようっ

ネパール旅、これ持っていこうっ!

 

 





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール