タイ banner image

出発~バンコック(1-2日目)

1日目:羽田空港

2016.02.15-01-01.jpg

羽田空港(22:00発)→スワンナプーム国際空港(翌5:00着)

航空会社:全日空(ANA)

飛行機が22時発。

さらに空港が羽田ということもあり、夕方ギリギリまで仕事をしていました。

仕方がない、無理やり作った休暇。ギリギリまで仕事に追われます。仕事を終え、急いで荷物の用意をして、近くの中華チェーン店にて食事を済ます。

実は羽田空港から海外に向かうのは始めての経験です。ドキドキしながらもチェックインを済ませ、飛行機に搭乗。

 

 

 

2016.02.15-01-02.jpg

久々のANA。

国内航空会社での海外渡航は何年ぶりだろう。もしかしたら初めてかもしれない。丁寧なサービスに満足をしていたのですが、今まで背もたれは倒れておりましたが、今回のシートは倒れない。スライド式になっていて慣れておらず、ちょっと居心地の悪さを感じる。

さらに気流が悪い場所か空路に問題があったのか、朝食が早めに出てきた。寝られた時間は2時間そこらかな。
眠い・・・だけに食事が喉を通らない。

 

 

 

2日目:バンコック、タイ

thai2015-02-01.jpg

疲れ果てながらスワンナプーム国際空港に到着、朝5時。無事就いたことに安堵を覚え、疲れ果てて、荷物を受け取った後、到着ロビーにて交代に仮眠を取りました。

9時ごろいい加減動き出すことに。何をするにもお金が必要。空港ではレートが悪いので、空港に隣接している電車の駅周辺に行きました。
事前のチェックでここまでくれば、レートが安くなるとのこと。

これっ、正解。

レートは大きく異なります。
駅でも奥まったほうがよりレートがよくなるように感じました。ちょっと面倒でも両替所ごとにレートを調べてみてください。

空港に戻り1階にある携帯電話取扱店にてSIMカードをゲット。

今回はミーア両親と現地で待ち合わせ。これで連絡が取れるようになりました。

荷物を持って動くのも大変なので、ホテルに向かうことに。
電車でラームカムヘーンまで行き、その後は徒歩。Googleマップで場所を確認するとそう遠くないと思ったのですが、実際は結構な距離があり、ホテルについた時は汗だく。

 

 

thai2015-02-02.jpg

12時半ごろ到着し、チェックインの13時までフロントの椅子で待つ。

 

ホテル:グリーンビュー エッカマイ 10(Greenview Ekkamai10)

 

チェックイン後、腹ごしらえも兼ねて、エッカマイ駅まで行くことにしました。

エッカマイ@10ではエッカマイ駅他、スーパーなど4か所トゥクトゥクを無料送迎してくれます。駅に到着し、KFCで昼食を済ませます。その後、明日パタヤへ向かう際利用するバスをチェック。

どうやら30分おきにバスは出ているみたい。これで安心とばかりに、ホテルに連絡をして送迎を頼みます。

SIMカード購入しておいてよかったです。

帰ってきた頃合いを見て、雨がポツポツ。ラッキーだったなぁ。

ミーア両親の飛行機到着は17時。
まだ数時間あるので、疲れた体を癒すため、ベッドでの仮眠を取ることにしました。

17時に起き、ミーア両親が到着するのを待ちます。遅くとも18時半くらいには着くかな?と思っていましたが19時になっても到着しない。心配しましたが連絡を取る方法がない。フロントにもチェックインの有無について確認しましたが、どうやらまだ見たい。

心配しながらも夕食は一緒に取れるよう、近くのスーパーまで再びトゥクトゥク送迎をお願いし、軽食とビールをゲット。

ホテル到着したときには20時。フロントに顔を出すと、ミーア両親が到着したみたい。

直ぐにミーア両親の部屋に向かう。どうやら空港から乗ってきたタクシーが道に迷ったらしく。さらにiPadのネットが繋がらず、ホテルの情報もちゃんと確認できなかったよう。

とりあえず会えたことに乾杯っ!

簡単な夕食を済ませ、明日の朝、再び合流することにしました。

 

 

ブログには旅のもっと詳しい状況を掲載しています。

○出発~バンコック(1-2日目)

タイ旅行記①出発~バンコック着

タイ旅行記②バンコック

タイ旅行記③バンコック

 

 

 

パタヤ(3-4日目)(次へ)→

←(戻る)タイ旅行を決めたいきさつ

 

旅行プランを立てようっ

タイ旅、これ持っていこうっ!

 

 

 

 

Share This





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール