屋久島 banner image

屋久島(2日目)

yakushima2016-11.JPG.jpg

2日目:鹿児島本島 → 屋久島

早めの無料朝食をホテルでいただき、8時前にフェリー乗り場に到着。チケット購入の際に、乗船情報として名前を記します。思っていた以上に大きなフェリー、実物に圧倒されました。

乗船のため、急な階段を登ろうとすると、スタッフさんが荷物を代わりに運んでくれ、その後も丁寧な接客に満足しました。8時半フェリー出港です。

 

フェリー:フェリー屋久島2

 

移動時間短縮希望なら

高速船トッピー・ロケット

 

 

yakushima2016-13.JPG.jpg

フェリーは思っていた以上に大きく3階建てで広々空間。乗客も少なかったので、デッキでも船内展望室でも好きな場所で自分のスペースを確保できました。

ミーアがお昼寝中、船内探索していると、ウミガメ展示中の看板が。どこか見つけられず、受付で場所を聞くと1階先頭の個室に子亀さん水槽発見。海はすぐそばなのに水槽の中という不運なのか、なんなのか。とにかく私は彼らに楽しませてもらいました。

 

 

 

 

yakushima2016-12.JPG.jpg

デッキに出てみると風が強い。しかし青く晴れた空の下の青い海は最高です。本島からどんどん離れていき、途中のいくつか小島が見えます。島の形も島の浮かぶ雲も各々独特で、見ていて飽きません。

さらに波しぶきに視線を変えるとレインボーが。最初は1本、次は2本。屋久島が近付くにつれ、沢山のトビウオにも出会え、出だし順調です。

 

トリップアドバイザーで屋久島を調べる

 

 

yakushima2016-14.JPG.jpg

大きな揺れもなく無事、昼過ぎ屋久島入港。港側の駐車場でキャンピングカーを借り受けます。

キャンピングカーには地図と共に終日利用できる駐車場の案内やおすすめ観光スポットなど様々な情報が満載。寝床を決める際には非常に役に立ちました。ただお風呂の値段など相違していた部分もあるのでご注意を。

 

レンタル会社:キャンゴーレンタカー

 

たびらいで屋久島レンタカーを探す

 

 

yakushima2016-15.JPG.jpg

近くの案内所で、入山禁止情報など出ていないか確認したところ、大丈夫とのこと。一安心です。明日からのハイキングを楽しみに、まずは昼食を。勧められたのはトビウオ、首折れサバ。しかし値段がちょっとお高めだったので、うどんを選択。

顎だしの効いたすごくおいしい汁。麺もコシがあり、美味しくいただきました。

 

トリップアドバイザーで屋久島グルメをチェック

 

 

yakushima2016-16.JPG.jpg

屋久島は宮之浦と安房がメインの町。共に小さな町ですが、観光案内所があり、安房にはモスバーガーがあります。

町の探索と共に見つけたスーパー。A-COOPが値段と言い、品数といいお勧めです。安房ではA-COOPに観光案内所が併設されていいます。

立ち寄った春田浜海水浴場。足をつけるとまだまだ冷たいですが、気持ちがよかったです。フナムシの群衆に気持ち悪ながらも、動く姿が面白くちょっぴり夢中になってしまいました。

 

 

 

 

yakushima2016-17.JPG.jpg

明日、早いこともあり早めのお風呂。安房近くの楠川温泉です。狭いお風呂ですが最初は一人の時間を楽しむことが出来ました。

体を洗ってもつるつる感がとれず不思議に思っているとどうやらお湯がツルツルしているらしい。温泉効果とも言うべきか、このツルツル感が非常に気に入りました。

途中から入ってきた女性に明日から台風の影響があると教えられ、ちょっと心配になります。

 

 

yakushima2016-18.JPG.jpg

今日の宿泊先は明日のハイキングを考えて、白谷雲水狭バーキング。A-COOPで購入したお寿司と刺身で夕ご飯。到着した時は何台か車が停まっていましたが、夜になると私達を含め、2台ほど。

就寝前空を見上げると無数の星。何もない山の中だからこそみられる景色に感謝。夜中、トイレに起こると満点の星たちは姿を消し、強雨。ところどころの晴れ間に期待し、明日のハイキングを楽しみに再び床に就きます。

 

じゃらんで屋久島宿を探す

 

 

ブログには旅のもっと詳しい状況を掲載しています。

屋久島旅行記④-屋久島1

屋久島旅行記⑤-屋久島2

屋久島旅行記⑥-屋久島3

屋久島旅行記⑦-屋久島-白谷雲水狭1

屋久島旅行記⑧-屋久島-白谷雲水狭2

 

白谷雲水狭(3日目)(次へ)→

←(戻る)鹿児島本島(1日目)

 

 

 

 

旅行プランを立てようっ

屋久島旅、これ持っていこうっ!

 

 





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール