創造と悟りの本 banner image

ゲリー ボーネル

私はトト(トート)に夢中です。

それは今も変わらずです。

トトという名を聞いたり、見たりしたらそれを語っているものに興味を向け、彼らが語るトトの知識を知りたくなります。

 

その名前を聞いたときから、自分の前世と繋がりがあることが明確にわかりました。

エジプト、ギリシャ、そしてアトランティス。
これらの時代の前世から私はトトに夢中だったのだと思います。

 

アトランティスを理解したい気持ちが強くなり、そうしてこの本に出会いました。

 

アトランティスの叡智

 

確か誰かに紹介されたのではなくアトランティスを調べていてたどり着いた本でした。

 

内容はトトからの教えです。

 

強烈でした。自分を原子的に見る。原子的に見ることで大いなるエネルギーの一部としての自分を知り、今の自分の存在を知る。

「三位一体」を理解するのに大いなる手助けをしてくれた本です。

 

この本で教えてくれる唱えの言葉は今でも瞑想前に唱えています。

この言葉を唱えることで自分が宇宙の一体であること、存在する有することが当然であり、それは無(すべて)であることを実感させてくれるからです。

 

勉強を深めた今、この本のすべての内容が私の理解と一致しているわけではありませんが、この本は私という存在をもっと大いなる目線から見ることを教えれてくれた本です。




アトランティスの叡智を受け、ゲリーボーネル自身にも興味を頂き、他の本、伝記、彼を通したアカシックレコードからの読み取りなども興味深く読みました。

 

 


エメラルドタブレット(次へ)→

←(戻る)イハレアカラ ヒューレン

 

 

Share This





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール