創造と悟りの本 banner image

グラハムハンコック

スピリチュアル、悟りの勉強をしているとおのずとそれに関連した内容の出来事に遭遇します。

 

何か面白い本はないかと探していたとき、ミーアに紹介された本です。

ミーアはスピリチャルには今日がありませんが、現文明前の遺跡などには興味があります。

 

グラハムハンコックは様々な遺跡の研究を通し、古代の未知に挑む素晴らしき作家です。

 

エジプト、南アメリカなど古代の国々では神に近づくため、神を理解するために様々な取り組みが行われてきました。

 

遺跡を通じ、悟りとそれを追求する古代人に触れる。

 

遺跡は古代の人々が実在していたことを意味し、私たちの興味を歴史へと、そしてスピリチュアルの世界へといざないます。


 

オグ マンディーノ(次へ)→

←(戻る)リサ ランドール


 

Share This





無空真実

真実は「葛藤の解放と純粋な自己なる創造の現実化」をテーマに日々、生きている気ままな幸せ人です。 瞑想を通し、感じたこと、学んだこと日々の経験から感じたこと、学んだこと。 様々なことを様々な形で自分の変化と共に歩む真実なりの方法をご覧ください。

プロフィール